【COFFEE GALLERY COEDO × STTOKE】地域のニーズに合ったタンブラー。車移動のお供に

 おかげさまでリユーザブルカップ『STTOKE (ストーク)』は、多くのカフェで見かけるようになりました。

そんな中、カフェのオーナー様たちは STTOKE のどこに魅力を感じ、お店の棚に並べようと決めたのか。そんなことをインタビューで聞いてみたい!という想いから始まった企画が【カフェ × STTOKE】です。

STTOKE はもちろん、お店のことや普段は中々聞けないお話も伺っていきます!

今回インタビューしたコーヒーショップ

レトロな街並みが続く、埼玉県は小江戸川越。タイムスリップしたような情緒あふれる蔵造りの建物が並ぶ大通りを外れ、少し歩いた先にあるのが『COFFEE GALLERY COEDO(コーヒーギャラリーコエド)』です。

前日の雨予報が嘘のように晴れ渡った4月27日午前。店内に入り早速いただいたのは、深煎りの水出しコーヒーでした。エチオピアとブラジルのブレンドは、額ににじむ汗をキュッと引き止めてくれるようなキレのある味わい。美味しかったです。

そんなアイスコーヒーを出してくださったのが、兄の寺田翔(しょう)さんです。実はご兄弟で『COFFEE GALLERY COEDO』を経営されています。

「メインで販売してるのは生豆なので、お客様に選んでいただいた後、すぐに焙煎してお渡ししています。10分ほどかかるので、待つ時間が退屈にならないようコーヒーをお出しするんです。」と翔さん。

驚くことに、コーヒー豆は常に15カ国ほど用意しているそうです。種類はブラジルやコスタリカなどを中心に、20種類ほどを展開。店内に入ると目の前に広がる生豆の多さには圧巻でした、、。

焙煎はお店の奥にある小型の焙煎機3台で行います。焙煎したてのコーヒー豆を提供するほどコーヒーへのこだわりが高い『COFFEE GALLERY COEDO』の翔さんに、STTOKE のことも伺っていきます!

空間が引き締まるデザイン

── 早速ですが、STTOKE のお気に入りポイントを教えてください。

翔さん:一番はこのフォルムです。すごく持ちやすいんですよ。それと同じくらい気に入ってるのが内側のセラミックコーティングです。金属臭がするのとしないのとでは、飲んだ印象が全く違います。

── 間違いないですね。あとセラミックを施すと汚れも落ちやすくなります。カップ内に微妙に残ったコーヒーを放置しても、水だけである程度は落ちてくれます。

── タンブラーは以前から検討をされてたのですか?

翔さん:オリジナルタンブラーを作りたいという想いはありました。ただステンレスが剥き出しのものが多く、中々一歩を踏み出すことができませんでした。そんな中で STTOKE に出会い、見た瞬間にこれだ!と思いました。

── 一目見て気にっていただけるなんて、嬉しいです。

翔さん:STTOKE をお店に置きたいと思った理由には、「目新しさ」もあります。現在は色々なコーヒースタンドやカフェで見かけるほど人気だと思いますが、1年ほど前はまだ少なかったので。

── オーストラリア発のタンブラーということもあり、日本では中々生まれないデザインですよね。

翔さん:STTOKE を棚に置くと、空間が引き締まるんです。 品も出ます。お店のオープン当初は色々なコーヒーアイテムを置いてたのですが、今は精査して、納得いくものしか置いてないです。

サブスクリプションの特典に『STTOKE』を 

── お客様からはどのような反応がありますか?

翔さん:セラミックコーティングはもちろん好評ですが、川越の辺りにお住まいの方は車移動が多いので、ドリンクホルダーにぴったり収まる点も気に入っていただいてます。

── ということは、お店の隣のスペースは駐車場ですか?

翔さん:そうなんです。なので STTOKE をマイタンブラーとして持参して、テイクアウト後はドリンクホルダーに収めて。なんてお客様も少なくありません。僕も普段は STTOKE をドリンクホルダーに収めて通勤してます。

── STTOKE の底面は幅が狭いので、基本どの車種のホルダーにも収めることができます!カーシェアが普及する現代でも、ストレスなく愛用いただけると思います。

 翔さん:それは確かに便利ですね。

 翔さん:話は少し逸れますが、実はドリンクのサブスクをやっておりまして。毎月3,000円でドリップコーヒーやコールドブリューを1日1杯無料で、毎月4,000円のプランだと、全ドリンクを1日1杯無料飲んでいただけます。そして2ヶ月間ご継続いただくと STTOKE をプレゼントしてるんです。

── ドリップコーヒーやカフェラテが1日100円ちょっと、、、しかも STTOKE も特典で付いてくるんですか!?ものすごくお得なサービスじゃないですか!

翔さん:そうなんですよ。去年の夏から初めました。90%のお客様は解約されないので、STTOKE を無事プレゼントすることができています。

── 川越に住んでたら絶対にそのサブスク始めます(笑)。

 翔さん:ありがとうございます!(笑)。サブスクに入っているお客様たちはほぼ毎日来られるので、エコの観点からもタンブラーをお使いになっていただけるのは嬉しいですよね。

── そんな素敵なサブスクに STTOKE を選んでもらえて光栄です。サステナブルな取り組みもされている寺田さんの益々のご活躍、期待しています。本日はありがとうございました!

翔さん:こちらこそありがとうございました。



『COFFEE GALLERY COEDO』の公式サイトはこちら

https://cgconline.official.ec/

▼公式インスタグラムはこちらから

https://www.instagram.com/coffeegallery.coedo/



【Ozzi Coffee × STTOKE】ネルドリップの香りや舌触りを守ってくれるタンブラー
【Ozzi Coffee × STTOKE】ネルドリップの香りや舌触りを守ってくれるタンブラー

【HAGAN ORGANIC COFFEE × STTOKE】オーガニックコーヒーの風味を守ってくれる
【HAGAN ORGANIC COFFEE × STTOKE】オーガニックコーヒーの風味を守ってくれる

【THE COFFEE × STTOKE】陶器のような飲み心地。ドリップバッグもセットしやすい!
【THE COFFEE × STTOKE】陶器のような飲み心地。ドリップバッグもセットしやすい!

Back to the top