海とSTTOKEの話し

オーストラリアのコーヒーカルチャーを支えるものとして個性豊かなコーヒーショップたちの存在は欠かせません。

お気に入りコーヒーショップでいれてもらう一杯を飲んでから仕事に向かう。それがオーストラリアの日常です。
STTOKE の創業者もコーヒーを愛する一人で、朝のサーフィン後にお気に入りのショップでコーヒーをピックアップし、仕事に向かうのが日課でした。

 

しかし、ショップを出るといつも目に留まるものがあり、それが彼を複雑な気持ちにさせていました。
使い捨てコップで溢れたゴミ箱です。1 年間で10 億個以上もの使い捨てコップが消費されるオーストラリア。

こうしたコップが、美しいサンゴやウミガメが共存するオーストラリアの海洋ゴミの一因になっている可能性にショックを受けた創業者は、飲み物の美味しさを台無しにしない、それでいてシティライフに溶け込み、毎日使いたくなるリユーザブルカップをデザインすることに決めたのです。

STTOKE は”ワクワクさせる”という意味のスラング”STOKE”に由来しています。サステナビリティという課題に対するSTTOKE なりの向き合い方がこのカップには集約されています。

紙コップはリサイクルができるイメージが定着していますが、樹脂コーティングが施されているため、その多くがリサイクルされることなく廃棄されているのが現状です。

使えば使うほどきっと好きになるSTTOKEであなたもエコに参加しませんか?

オーストラリアのコーヒーカルチャーを支えるものとして個性豊かなコーヒーショップたちの存在は欠かせません。
お気に入りコーヒーショップでいれてもらう一杯を飲んでから仕事に向かう。
それがオーストラリアの日常です。

STTOKE の創業者もコーヒーを愛する一人で、
朝のサーフィン後にお気に入りのショップで
コーヒーをピックアップし、仕事に向かうのが日課でした。
しかし、ショップを出るといつも目に留まるものがあり、それが彼を複雑な気持ちにさせていました。
使い捨てコップで溢れたゴミ箱です。
1 年間で10 億個以上もの使い捨てコップが消費されるオーストラリア。
こうしたコップが、美しいサンゴやウミガメが
共存するオーストラリアの海洋ゴミの一因に
なっている可能性にショックを受けた創業者は、飲み物の美味しさを台無しにしない、
それでいてシティライフに溶け込み、
毎日使いたくなるリユーザブルカップをデザインすることに決めたのです。
STTOKE は”ワクワクさせる”という意味の
スラング”STOKE”に由来しています。
サステナビリティという課題に対するSTTOKEなりの向き合い方がこのカップには集約されています。
 紙コップはリサイクルができるイメージが定着していますが、樹脂コーティングが施されているため、その多くがリサイクルされることなく廃棄されているのが現状です。 使えば使うほどきっと好きになるSTTOKEであなたもエコに参加しませんか?

脱プラスチックゴミ

マイカップを使おう

STTOKEはコンビニ、コーヒーショップにも持ち込んでコーヒーをいれられます。日本の使い捨てコップの消費量は1時間に44万個以上にのぼります。紙コップはリサイクルできるというイメージが定着していますが、実際にはプラスチックコーティングが施されているためリサイクルが難しく、多くが廃棄されているのが現状です。STTOKEひとつでサスティナビリティに取り組みませんか?

製品一覧へ